Times at CCA

Title
Times at CCA
Date
2021-10-18 - 2021-12-17

現代美術センターCCA北九州では、これまでの活動を写真や映像でたどる展覧会「Times at CCA」を、2021年10月18日から12 月17日まで開催します。

 1997年の設立以来、CCAはアートを中心として、様々な分野を横断しながら、 アーティストやキュレーター、建築や科学などの分野の専門家と共同でプロジェクトを展開してきました。1997年から2015年までは「プロジェクト・ギャラリ ー」(八幡東区)で、2015年に移転してからは「CCAギャラリ ー」(北九州学術研究都市内)で、ギャラリ ープロジェクトとして発表してきました。レクチャーやワークショップ、コンファレンスなども、 現代アートとそれを取り巻く分野を考えるための重要なプログラムとして、 コンサートを開催した「サウンド・ワークショップ」や国際シンポジウム「Bridge the Gap?」など、様々な形で活動してきました。会場は北九州だけではなく、東京、 大阪、ベネチア、チェンマイ、 上海、 ニュー ヨ ークなど、 国内外の他の美術館やアートセンター、大学などに場を移し、 それぞれの地域の美術関係者の協力のもと実現されました。こうした多くの「旅=企画」は、私たちがアートについて知識を深めていく大変貴重な機会でした。世界の現代アートの現場では今、何が起こっているのか。情報を交換し、 考察を様々な立場の関係者と深めていくことは、CCAの活動には不可欠であり、 そこから生まれた大小さまざまなコラボレーションによって、20年以上にわたるCCAのプログラムは支えられ、 実践されてきました。

 多くの出会いや、数えきれないほどの会話や交流がありました。プロジェクトの準備中やコンファレンスの中だけではありません。一緒に食事をした時や休憩中、 コー ヒーを飲んだ時、移動中の電車や飛行機の中、 会場へ向かう途中で交わされた会話。色々なことを話しました。楽しい事、悲しい事、思いついたこと、友人知人について、家族のこと、 うわさ話、 これからやりたいこと、 うまくいかなかったこと一こうした他愛もない会話は、何かの成果や利益を生み出すこともなく、プロジェクトに直結することでもないでしょう。しかしその積み重ねた時間は、CCAの活動の本質とも言えるもので、25年間にわたり多くのアーティストや専門家と共にそういった時間を共有できたのは、私たちにとって得難い経験でした。 Times at CCAは、作業中の写真やスナップ写真、ビデオをまとめて展示することで、これまでの活動を振り返ります。

This post is also available in: 英語


Category
Artist
Date
2021-10-18 - 2021-12-17